​ 調律日誌(ブログ)

撮影、インターネットに掲載許可いただいているお客様のみ随時更新しています。

​(すべてのお客様が掲載されるわけではありません)

最新記事
Please reload

アーカイブ
Please reload

​カテゴリー
Please reload

修理でピアノ内部のアクション部分をお預かりした際には、修理だけでなく掃除も必ず行います。

今回、かなり年代物のピアノでホコリが凄く掃除だけでもかなり時間が掛かりました💦

分解して、細かなところまできちんと清掃いたしました。

部品にも汚れやほこりがついていたので、一つ一つ刷毛で清掃しました😄

最後は組み立て終わったら、エアーでさらにホコリを吹き飛ばします。

お預かりしないとここまできちんと清掃が出来ないので、掃除も修理の一環として行っております。

ご予約の入っていない日や、修理が重なってくると人手が足りなくなるため、調律のご予約を調整して作業をしています😄

本日は、ブライドルテープ張り替え作業を行ったのでご紹介いたします。

ヒモの先に赤いチップが見えると思いますが、これがブライドルテープといいます。

ブライドルテープは、グランドピアノにはないアップライトピアノのみにある部品です。

長年使用していると、劣化が進行しますので新品に張り替えをおすすめしています。

このように変色して耐久性がなくなっていました。

一応繋がってはいますが、このぐらい弱ってしまうと部品を外すために少し手を加えただけ...

宇治市のお客様宅のピアノを修理しました。

お孫さんのところに持っていくとおっしゃっていたので、移動を期にクリーニングもおすすめしました。

お値段のこともあり、最低限だけ修理したいとのご返事でした(^^♪

↓はハンマーと呼ばれる弦を叩く部品です。

弦の溝がだいぶ深くまでついてしまっています。

 削って形を整えました!(^^)!

↓は、キーピンと呼ばれる鍵盤の軸になっている金属の棒です。

かなり錆びが進行し、鍵盤の動きがスムーズに動いていない状態でした。

 綺麗になりました!(^^)!

潤滑剤を塗布し、さらにすべりを良くします。

下は、鍵盤の高さを調整した...

 伏見区のお客様宅にて修理を行いました😄

長年の劣化により紐が全て切れてしまっていました。

新しいものに交換です😄

ここの修理はよくある修理ですが、一度修理してしまえばまた20年~30年ほどは大丈夫です😄

ピアノを置かれているお部屋の環境にもよるのでそれより早く必要になる場合もございますが、だいたいそのくらい大丈夫です😄

ですので、放置してほかの部品に負担がかかりほかの部品まで修理が必要になるほうがお代金が高くなってしまうので、このような状態ならお早目に修理をしたほうが良いです!

 西京区のお客様のピアノ調律のご紹介です^^

シュバイツァースタインという、ピアノです。

あまりメジャーではないピアノですが、国産のピアノです。

中身のアクション部分はドイツ製ですね!

とてもいいピアノだと思います^^

内部のお掃除からさせていただきました。

 少しカビが発生していたので、防カビ剤もお入れしました。

よく弱音ペダルを使われるとのことでしたが、ネズミのかじり痕がありました!

これでは弱音になりませんね😢

 マフラーフェルトという布を張り替えさせていただきました😄

お客様も、ちゃんと弱音になってる!と喜んでいただきました。

マフラーフェル...